世界陸上2017ロンドン大会 day1見どころ【008】

Copyright © 2017 Web Design ENOKI All Rights Reserved.



ついに世界陸上2017ロンドン大会が、本日ついに初日を迎える。

今大会限りでの現役引退を表明し、世界中の注目を一身に集めるウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)も日本時間翌朝04:20からの男子100m予選に出場する。

(※男子100mでは予備予選が行われるため、予選の組も未定)

※この記事は「テレビで放送していたらチャンネルを合わせて、日本代表がいたらとりあえず応援する」くらいの方に向けた見どころなので、いわゆる「陸上ガチ勢」の方にはぬるい内容になっています。

 

早速、1日目の見どころを紹介しよう。

 day1 タイムテーブル

※すべての種目がテレビ放送されるわけではない。

03:00- 男子100m 予備予選

03:20- 男子円盤投 予選A組

03:30- 男子走幅跳 予選

03:35- 女子1500m 予選

03:45- 女子棒高跳 予選

04:20- 男子100m 予選

     多田修平選手

     ケンブリッジ飛鳥選手

     サニブラウン・A・ハキーム選手

04:45- 男子円盤投 予選B組

05:20- 男子10000m 決勝

 

[男子10000m決勝] 地元の英雄・ファラー3大会連続2冠なるか?

初日は予選が多いのは当たり前。

そんな中で、本日唯一行われる決勝種目が男子10000mだ。

注目の選手は地元・イギリスのモハメド・ファラー選手。

だが、彼の本当の地元は赤道直下・アフリカ東部に位置するソマリア

8歳の頃に内戦から逃れてイギリスに移住した経歴を持つ。

 

イギリスで13歳から陸上を始めたソマリアの少年は、33歳の昨年までに五輪・世界陸上合わせて9個の金メダルを獲得し、国民的英雄となった。

2012年の、これまたロンドンで開催された五輪での長距離2種目(5000m・10000m)2冠から世界陸上2013モスクワ大会、2015北京大会、そして2016年リオ五輪と、五輪・世界陸上のトラック長距離種目では負け知らず(※ロンドン五輪前年の世界陸上2011大邱大会の5000mでも優勝している(10000mは2位))。

 

上記のような活躍をしている彼だが、本当は昨年のリオ五輪2冠を最後にトラックを引退し、マラソンに本格転身する予定だった。

だが、「トラック最後の舞台はぜひ地元・ロンドンで」という大会主催者側の意向に沿う形で、マラソン転身を1年延期した。

 

ファラーは2011年から「打倒・アフリカ」を唱えるNikeオレゴンプロジェクトに所属し、活動拠点をアメリカ・オレゴン州に置いている。

同チームに2015年から所属する大迫傑選手のチームメイトとしても知られるファラー。

男子5000m決勝は最終日前日の12日(土)だが、ロンドン・スタジアムの観客のひときわ大きな声援が「トラックでの有終の美」に手が届くところまで後押しするだろう。

 

 

日本人は男子100m予選の3選手

 

今大会の初日、日本人は男子100m予選の3選手が出場する。

予備予選が行われるため、組、レーン、同じ組の選手すべてが未定だ。

そのため、この時点で展望を述べるのはかなり難しい。

だが、3選手とも予選を突破する可能性はあると思う。

まず、日本選手権を制したサニブラウン・A・ハキーム選手。

彼は2015北京大会も経験していて、100mの3人だと唯一の世界陸上経験者。

(※ただし、北京大会は200m代表として出場)

日本選手権2位の多田修平選手は、追い風参考記録とはいえ、国内で9秒94をマークして世間の期待と注目を集めた。

9秒台を求める世間からのプレッシャーを押しのけ、2位で代表の座を射止めたのだから、ロンドンでさらに一皮むけた姿に期待したい。

そして3人目のケンブリッジ飛鳥選手。

言わずもがな、リオ五輪4×100mRでボルトの横を走ったあの選手だ。

リオ五輪でも100mに出場し、準決勝に進出した実績はある。

また、昨年の4×100mRというこれ以上ない大舞台を経験したため、世界陸上初出場とはいえ、スタジアムの雰囲気に呑まれることはないだろう。

 

ここまで「予選突破の可能性はある」としたが、実際に予選を突破するのは容易ではない。

例年、予選突破のボーダーラインが10秒0台、決勝には近年では9秒台が必須になりつつある。

ロンドン・スタジアムのトラックは高速トラックとしても知られ、ロンドン五輪でも好記録が多数生まれた。

今回代表からは落選した、リオ五輪4×100mR銀メダリストの山縣亮太選手も、慶大生として臨んだロンドン五輪の100m予選で当時の自己ベストをマークしている。

9秒台、9秒台と、選手にプレッシャーを過剰にかけるような言い方はよくないと思うが、あの高速トラックに期待せずにはいられない。

実力100%が一番だが、高速トラックに乗じて9秒台をマークし、予選突破の先にある8人だけが辿り着ける高みへの弾みをつけたいところだ。

 

 

 

written by. ENOKI( @enoki0520